ある程度高さのあるローソファーのメリット

寛ぎやすさと扱いやすさが魅力的です

適度に高さのあるローソファーは、一般的な物よりも更に寛ぎやすいです。適度に高さがあるおがけで座りやすく、そしてごろ寝の姿勢からでも立ち上がりやすいのがメリットです。一般的な物だと体を家具に預けた後、なかなかスムーズに起き上がる事が出来ません。リビングでごろごろしながら洋画を鑑賞したり、パソコンチェアの代わりに使ったり、まったりと読書する場合のスペースとして活用するなど幅広い目的で使えます。

高さがあっても基本はローソファーのシルエットです。一般的なものに比べて重量や横幅などがコンパクトなので、模様替えの際の移動や普段の掃除が楽です。シルエットがスリムなのでリビングの色々な場所に置きやすく、季節や暮らし方に合わせて自由に使えます。

ちょっとしたベッド代わりに使える

簡易的なベッドとして使えるのも、適度な高さがあるローファー特有のメリットです。一般的なローソファーだと高さが低い為、ベッド代わりには使いにくく、長時間安心してリラックスする事も難しいです。対して適度に床から離れて寛げるローソファーだと、安心して体を預けられます。寒い空気やホコリなどの影響を受けないのもメリットの一つです。リビングでのんびりと読書や映画鑑賞をしていると、ついウトウトした気分になるものですが、適度な高さがあるローファーなら、そのままお昼寝タイムに移行できます。夜遅くまで勉強や仕事に没頭していた時も、リビングに適度な高さがあるローファーがあれば、そこで一眠り出来ますし、作業の合間の仮眠を取る場合にも最適です。